テレクラの魅力・一般論

テレクラの魅力を並べるとすると、トップに上げられるのが、相手の声の魅力だと言われます。
純粋にテレクラとは、電話を通しての声の遊びですから、かわいい声やうっとりする声に好感を持つことは自然なことだと思います。
電話の相手が、声優のような感情をこめた声の主であったら、会話も弾みます。
「こんな声の子とだったら」会ってみたい衝動に駆られることでしょう。
テレクラを楽しむには想像力も必要です。
相手の女性が本当にオナニーなどしていないのに、エロい声を出せることで、男性側が興奮の域に達することができるからです。
ツーショットの場合は、互いがオナニーをすることで、興奮度を上げることができますから、巧みな声の出し方は必須条件となります。
テレクラは想像力が必要ですから、次々と広がっていく画面を想像できる感性が必要です。
想像が広がっていくことによって、男性が発した一言「こんなに濡れてる」に、相手の女性はあたかもクンニをされているように、身もだえできるのです。

この例などは、完全に相手との信頼関係が構築されていなければ、到底のめりこめないシーンなので、ここまで信頼を積み上げることができれば「出会いたい」欲求も、マックスに達していることでしょう。
テレクラは、相手の声や相手が発する音などに興奮する行為です。
セクシーなしゃがれ声が好きな人もいれば、甲高い声や子供っぽい声が好みの人もいることでしょう。
自分の好みの声の主に出会ったら、テレクラ遊びも最高潮を迎えます。
好みの声を探すこともわくわくする一瞬です。
テレクラで会話やオナニー行為を楽しむだけであれば、相手の容貌や年齢は関係ないことになります。
テレクラを楽しむためには、若い子が必ずしもいいとは限りません。
年齢の高い熟女や人妻のほうが、かえって興奮することがあります。
いろいろなセックスを経験したからこその奥義を、披露するときがあるからです。
この種の奥義にいたっては、若い子なんて足元にも及びません。
若い男性などは熟女の奥義によって、爆死すること請け合いです。

純粋にテレクラを楽しむことは、即安全であることにつながります。
実際のセックス行為を行うわけではありませんから、妊娠や性感染症のリスクもありません。
電話さえ切ってしまえば、後腐れ的な事案は一切発生しないからです。
テレクラにも「初めに」とか「発端」とかのイントロ部分が必要です。
オナニー目的だからといって、のっけから「ハーハー」しだしたら、完全に引いてしまいます。
普段の会話を楽しんでから、徐々に希望の方向へと進みましょう。

テレクラ利用者もマナーが必要です。
「相手はプロだから少々のことでは……」などと、軽く考えてはいけません。
金を払っていても無制限に「客」であり続けることはできません。
おのずからそこにはルールや人間性を出していく必要があります。
とかく「金を払っているから」と、横暴になる男性がいますが、この種の人間はどの環境においても嫌われます。
相手を気持ちよくさせる会話や行為を心がけないと、一生つまらない人生を送ることになります。
「好かれる」という行為に、不器用ならまだしも、無頓着であってはNGです。
せっかくテレクラという店があるのですから、しっかり人生の勉強を仕上げたいものです。